中高年が転職を成功するカギ

*

中高年のための転職5つの流れ

 やり方が悪ければ、待っているのは悪い未来。正しいやり方はひとつではありませんが、そのひとつとなり得る転職の方法を考えてみましょう。中高年は失敗が許されないだけに、転職活動の際には是非、参考にしていただきたい。転職によって良い未来を切り開いてみましょう。

転職準備について

 中高年は、あまり準備に時間を割いていられないかもしれません。せめて、転職の目的や将来の目標を整理しておきましょう。それが断固たるものとなっていれば、活動中の小さな失敗に関しては修正できるはず。固定観念から解き放たれておくこと、これも転職活動の準備のひとつとなるでしょう。

【参考記事】
自己分析で把握しておくべきことは何か
市場価値は転職に欠かせない指標です
在職中・退職後、それぞれの転職の影響
転職活動は在職中に行いましょう!中高年なら“絶対に”です

求人情報について

 目的や目標を達成できるような求人情報を探してみてください。それが見つかったと思っても油断は禁物。求人情報収集は、その求人を出している企業のことも知り尽くしてこそです。求人の内容は正確か、信用できる企業なのかも調べてから応募に踏み切りましょう。

【参考記事】
仕事探しを進める上での注意点
中高年者が頼りがちなハローワーク
中高年も油断できないブラック企業の存在

履歴書や職務経歴書について

 企業がどんな人材を欲しているのか、これを読み解かなければ応募書類、特に職務経歴書は意味を持ちません。履歴書に関しては、丁寧な字で間違いなく記載することを心がけ、志望動機欄には、ここも企業が考えていることと合致するような内容を適切な言葉で埋めるように心がけてください。

【参考記事】
中高年が気を付けておきたい職務経歴書書き方
自己PRの基本的なまとめ方
見られるポイント満載なのに疎かにされがちな履歴書

面接について

 中高年の方は、服装に関しては清潔感があれば問題ないと思います。癖、これには注意しましょう。言葉に詰まったり緊張したりすると出る癖が、面接官に悪い印象を与えることもあります。姿勢を崩さず、目線もずらさずに話すようにしなければなりません。

【参考記事】
マナーが悪いと言われている中高年転職者
面接での志望動機に関する対策
面接に挑む中高年が選ぶべき服装とポイント

退職・入社準備について

 退職こそ最大の壁、そう思う転職希望者は多い。突然の辞表提出は失礼ですから、そういった雰囲気を醸し出しつつ、うかがいを立て、相談しながら退職準備へと移行し、円満退職を目指しましょう。挨拶回りなどにも時間を使い、丁寧な退社をすることを忘れてはなりません。

【参考記事】
退社手続きについて調べておきたい退社前
面倒だけど考えなければならない退社の理由
途中入社する人が押さえておくべき注意点
転職に失敗したと考えている中高年の方へ
会社からの引き止めの対処法は「ハッキリとさせる」こと

公開日:
最終更新日:2015/10/27