中高年が転職を成功するカギ

*

会社からの引き止めの対処法は「ハッキリとさせる」こと

   

迷っている姿が一番駄目

 退職しようという意志を会社側に伝えた瞬間、会社から引き止めにあうこともあるでしょう。あなたの退職に対する決意、これがどれだけ堅いのかを会社は確かめようともしているはずです。

 ここであなたが最もやってはいけないこと、それは迷っている姿を見せること。少しでもそうした姿を見せれば、「引き止めれば、退職をやめてくれる」と相手は思うに違いありません。そうすると、どうにもこうにも引き止め行動をストップさせてくれることはなくなってしまうのです。

退職届を出す瞬間を記録

 退職届というのは、非常に効力の大きいもの。それは会社側も当然知っています。ですから、できれば受け取りたくないのです。あなたの退職を阻止したい、引き止めたいと会社が真剣に考えていれば、その退職届を受け取らないなんてこともあるかもしれません。もっと質が悪いのは、退職届を受け取ったにもかかわらず、後で「受け取っていない」としらばくれること。

 そうなるといよいよ面倒なので、退職届を出す時にはできるだけ記録に残しておくようにしましょう。お勧めなのはボイスレコーダー。抵抗を持つ人も多いかもしれませんが、確実に辞めるためにはこうした手段も必要。会社側がしらばくれた時には証拠として使えるので、記録を残しておくに越したことはないのです。

とにかく最後まで耐えること

 引き止めの仕方は会社ごと、従業員ごとに違います。上司があなたに対してどのような引き止めをするのかはわかりません。その引き止め方や会社側の対応に不満があったとしても、最後まで耐え抜きましょう。

 そこで逆切れしたりやけくそになったりしてしまうと、退職も転職も上手くいかない可能性が出てきてしまいます。引き止めのひとつとして嫌がらせがあったとしても、やはり耐えることが大切です。

 耐えれば耐えるほど、いざ辞めた時のスッキリ感はとてつもなく大きく、恐らく爽快。そう思い、どんな引き止めにも耐える覚悟を事前にし、実際に耐え抜く。これを忘れないようにしてください。

【関連記事】
退社手続きについて調べておきたい退社前
面倒だけど考えなければならない退社の理由
途中入社する人が押さえておくべき注意点
転職に失敗したと考えている中高年の方へ

 - 退職・入社

  関連記事

退社手続きについて調べておきたい退社前

退社の手続きのあれこれ  会社を辞める前に、退社の手続きについて調べ、整理してお …

転職に失敗したと考えている中高年の方へ

短期間での再転職活動はリスクが高い  中高年の方が転職をして、入社後に失敗だった …

no image
自分のポジションを作ることが大切!

中高年だからこそ観察者に徹する    中高年での転職は、その後のライフプランにも …

面倒だけど考えなければならない退社の理由

伝える退社理由は建前でOK  退社の理由は大きく分けると2種類。建前の理由と本当 …

途中入社する人が押さえておくべき注意点

途中入社後の振る舞いに関する注意点  新しい環境に飛び込むわけですから、振る舞い …