中高年が転職を成功するカギ

*

自己分析で把握しておくべきことは何か

   

どのキャリアを全面に押し出すべきか

 ただキャリアを思い出し、書き出しておいて自己分析を終わりとしてしまうことは、単なる思い出作りに過ぎない行為。転職をすることが目的なわけですから、自己分析で出てきた結果をどう活用するのかが最も重要なこととなります。

 どう活用するのかを考える前に、その結果の中でどの部分を全面に押し出していくべきかを考えましょう。企業によってその選択は変わってくるとも思いますが、「このキャリアは外せない」というものは必ず出てくるはずです。

 中高年の方であれば、出てこないと逆にまずい。若い人はキャリアの全てを職務経歴書に書いたり面接で伝えないと間に合わないかもしれません。でも、キャリアが長い中高年者は、ここで適切なキャリアの選択ができなければ、あなたなりのアピールには繋がらないでしょう。

欠点やマイナスポイントも知っておくこと

 多くの転職希望者の自己分析では、胸を張って伝えることができるキャリアや実績、そしてスキルや知識といったものばかりを抽出する傾向があります。そうしたものはあなたの武器になるのですから当然大事にしたいのですが、同時に、欠点やマイナスポイントも把握しておかなければなりません。

 自分のダメなところや苦手なことを知らず、良いところばかりにしか目がいかないと、結果的に「自分を客観的に見ることができていない」と思われ、採用結果に悪い影響を与えることが多くなります。マイナス要素から目をそらさない、これも自己分析においては重要なこととなるはずです。

 - 転職の進め方

  関連記事

転職活動は在職中に行いましょう!中高年なら“絶対に”です

覚えておきたい“転職活動は在職中”という大前提  悩むということは、どちらにもメ …

在職中・退職後、それぞれの転職の影響

在職中に転職することの影響とは  中高年の転職希望者を悩ます要素に、在職中・退職 …

市場価値は転職に欠かせない指標です

市場価値を見極めてから転職を  自分がどれだけ転職市場から求められているか、これ …