中高年が転職を成功するカギ

*

自己PRの基本的なまとめ方

   

自己分析を元に冷静に伝えたい自己PR

 自己PRというものを勘違いしていると、間の抜けた応募書類になってしまいます。その勘違いの最たるものが、気持ちや感情を押し出した自己PR。そうした心意気は無駄ではありませんし、企業としても無いよりは良いと思っているでしょう。

 しかし、転職者にとって応募書類というのはあくまでもキャリアを含め、能力や技術的な部分を示すもの。そこの自己PR欄に「やる気だけは誰にも負けません」といった感情や、「一生懸命取り組む自信があります」といった気持ち的なことだけを並べても、強い興味を持ってもらえるような自己PRとはならないのです。

 自己分析で得たものを元に、実績や能力等を冷静に伝えることが求められます。

項目ごとにまとめておきたい自己PR

 応募書類の形式をどこからか借りてきた場合には、自己PR欄が項目ごとに分かれているフォーマットもあるかもしれません。あるいは自ら作成する場合でも、自己PRにおいては項目を幾つかに分け、まとめておいてもいいでしょう。

 職歴から伝えることができるアピールを記載する項目、仕事への姿勢を具体的に伝えるための項目、志望する職種に関してアピールするための項目、資格に関する項目、その他強みや実績に関する項目などに分けておけば、受け取った方は、それぞれのアピールを把握しやすくなるでしょう。これは応募者にとっては非常に大きなメリットとなります。

【関連記事】
中高年が気を付けておきたい職務経歴書書き方
見られるポイント満載なのに疎かにされがちな履歴書

 - 履歴書・職務経歴書の作成

  関連記事

中高年が気を付けておきたい職務経歴書書き方

意識すべきは見やすさ読みやすさ  職務経歴書には、あらゆることが記載されています …

見られるポイント満載なのに疎かにされがちな履歴書

手を抜いていないか見られています  履歴書作成において手を抜いていないかどうか、 …