中高年が転職を成功するカギ

*

転職活動は在職中に行いましょう!中高年なら“絶対に”です

   

覚えておきたい“転職活動は在職中”という大前提

 悩むということは、どちらにもメリットとデメリットが存在し、その大きさをなかなか計り知れずにいるからだと思います。転職活動においても、在職中に転職するメリットもあれば、デメリットも考えられると想像し、退職後に転職するのとどちらがいいか決めかねている人は多いでしょう。

 大前提として伝えておきますが、転職活動は在職中にすべきです。年齢が上がればあがるほど、この前提が崩れることはないでしょう。中高年のあなたにとって最もメリットが大きいのは、在職中に転職活動を始め、転職先まで決めておくことなのです。

在職中に活動すると得られるメリットとは

 「転職活動は在職中にすべき」と言われてもピンとこない人は、在職中に転職活動を行うことで得られるメリットを考えてみてください。

・収入源が途切れることがない
・転職先が見つからなくても無職になることがない
・上の2つのことから、精神的に安定を保ったまま職探しができる

 多くの人に当てはまるであろうメリットは以上のようなことが挙げられるでしょう。他にも例えば、退職すれば次の仕事が見つかるまでは無職の状態となるわけですから、新たに応募した企業で面接を受ける時にも、「現在は無職です」などの発言を避けることができ、イメージダウンを避けることにも繋がると考えられます。

退職後に訪れる安心と焦燥のリスク

 無事に退職をすると、これまでのプレッシャー等から解放され安心感に包まれるかもしれません。しかし、この安心感が転職活動を邪魔してしまうことがあるので要注意。安心感が強くなってしまうとなかなか転職活動に精が出せず、転職が先延ばしになってしまうリスクが生まれるのです。

 その状況が続くと、今度は焦燥感に襲われます。「どうにかして働く先を見つけなければ」と焦れば焦るほど正常な判断ができなくなり、理想を現実にするどころか、転職前に働いていた企業よりも悪い環境で働くことになってしまうかもしれません。退職後に転職活動をする人全てに襲いかかるリスクではないものの、こうしたリスクが多々あると知れば、在職中の転職活動を選択するべきだということもわかるはずです。

 - 転職の進め方

  関連記事

自己分析で把握しておくべきことは何か

どのキャリアを全面に押し出すべきか  ただキャリアを思い出し、書き出しておいて自 …

市場価値は転職に欠かせない指標です

市場価値を見極めてから転職を  自分がどれだけ転職市場から求められているか、これ …

在職中・退職後、それぞれの転職の影響

在職中に転職することの影響とは  中高年の転職希望者を悩ます要素に、在職中・退職 …