中高年が転職を成功するカギ

*

面接に挑む中高年が選ぶべき服装とポイント

   

オシャレよりも気にしておきたいこと

 面接の服装に、オシャレを気にして行く必要はありません。最初から気にしていない人もいるかもしれませんが、中にはオシャレな方が印象がいいのではないかと考える人もいるでしょう。それよりも気にしたいことが山ほどあります。

 清潔感はオシャレにも勝ります。むしろ、清潔感があれば、その人はオシャレに見られるもの。服装を含めた身だしなみでは清潔感を一番に気にしましょう。

 次に気にしたいのは、企業の雰囲気とのマッチング。スーツはスーツでも色や着こなしによって雰囲気は変わります。それが企業と合っていることが大事。そして、年相応の服装であるか。中高年が若者ぶった服装では違和感を与えてしまうでしょう。

面接官の目につきやすい細かいところ

 清潔感を持ち、企業の雰囲気にも合った年相応の服装を選んだら完璧!と言いたいところですが、そんな単純なものでもありません。それをどのように着ているか、細かいところも面接官は見ているものです。

 例えば、ネクタイの結び方。幾つかのパターンがあるネクタイの結び方ですが、スーツの形状やネクタイに合わせて選ばなければなりません。どのパターンが良いかというよりも、第一ボタンが見えるような、あるいは左右比対称となるようなだらしない結び方だけは避けるようにしましょう。

 ボタンの留め方も要注意。ジャケットは、一番下のボタンを外しておいてください。ポケットに余計なものを入れ、過剰に膨らまないようにも気を付けておきましょう。

【関連記事】
マナーが悪いと言われている中高年転職者
面接での志望動機に関する対策

 - 面接

  関連記事

マナーが悪いと言われている中高年転職者

中高年に見られる面接マナーの悪さとは  若い人の方が常識やマナーを持っていないと …

面接での志望動機に関する対策

相手が欲している志望動機を探ること  志望動機は、企業に応募をした人の頭や心の中 …